世の中には親切な方がいるものです。

世の中には親切な方がいるものです。

世の中には親切な方がいるものです。

昨日、障碍者を対象とした、会社説明会なるものに参加してまいりました。
世の中には親切な方々がおれるるのですね。企画していただけた方に感謝です。
さて 企画してくれたのは、麻生グループの チャレンジ・アソウ と言う 障碍者専門の就労移行支援と言う事業をされている事業所です。
麻生グループの事業所だけに 大手の企業が参加してくれましたが、流石に 地場産業のみの参加でしたね。一流の大手企業の参加は無かったですが、地場産業とはいえ全国展開している大きな企業もありましたので、そう言った企業の人事の方と直接お話できたのは、非常に有意義な時間でした。
さて、再就職と言うのは中々難しいものです。
しかし、逆に 障害を持っていると言う理由から、会社なりの配慮があったり、職場をリタイアした事に対する理解もあったりするので、実際には一般の就労を目指している、健常者の方に比べると やり直すチャンスが大きいのは確かにあるのかな?と感じます。
しかし、やはり書類選考なり面接なり 何処が基準になるのかは?
これは やはり一般の方に比べるとゆるいかも知れないですが、スキルと素直さ、最低 ITパスポートの資格、と中々厳しい意見の中、実際に自分としても感じている部分と企業としての考え方に温度差が無かったことが分かったのは大きかったです。
社会人としてのスキルの大切さもそうですし、エンジニア系だと大手IT企業と審査の基準が近いなど、今でこそ分かる事も多くあり。
身になる大きな収穫を得られたように感じます。
社会人としてのスキルを上げていくべく、これからも研鑽したいと思った一日でした。


ホーム RSS購読 サイトマップ